賃貸でもギターの壁掛けはできる!

DTM

ギタリストの皆さん、大事なギターは家のどこに置いてますか?

1本であればスタンドに立てかけておけばインテリアとしても映えますが、数が多くなってくると置き場に困りますよね。

そんなギタリストにおすすめなのが壁掛け収納です。

この記事では、賃貸でもできるおすすめギター壁掛け方法を紹介します。

実際の取り付け方も写真付きで紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ギターの壁掛けはなぜ難しいのか

ギターの壁かけ金具は壁に穴を開けて固定するような仕様になっています。

この穴あけがネックで、現状復帰が前提の賃貸住宅では諦めなければなりませんでした。

現状復帰の金は厭わないという方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の賃貸住宅の壁は石膏ボードである場合がほとんどです。

実際にやってみれば分かりますが、石膏ボードに通常のビスを打ち込んでも強度は出ません。

仮に固定できたとしても、ギターの重みに耐えきれなくなりいずれ落ちてきてしまうので絶対にやめましょう。

これらの理由から日本の賃貸で壁掛けギター収納は案外難しいのです。

スポンサーリンク

DIYアイテム 突っ張り棒

現状復帰ができて、しっかりと固定ができればギターの壁掛けは可能です。

有名な方法として、木材を突っ張り棒の要領で部屋に新たに取り付ける方法です。

DIYが好きな方はご存じかと思いますが、ツーバイフォー(2×4)木材を突っ張り棒に変身させるパーツがあります。

ツーバイフォー材を柱にして、そこに壁掛けギター金具を固定することで賃貸でもギターの壁掛けが可能です。

有名な方法ですが、私はこの方法はあまりオススメできません。

ツーバイフォー材のデメリット

私自身この方法でギターの壁掛けをしていたことがありますので、実際にやってみて感じたデメリットを紹介します。

まず見た目があまり好きになれませんでした。

新しく柱を立てることになるので部屋も狭くなりますし、ギターのためだけの柱が部屋のなかで見た目が浮いてしまっていました。

しかも何本も立てていましたので、部屋がとても狭く感じるようになってしまいました。

そして最大のデメリットは、引っ越しに向いていないことです。

引っ越しのたびに、2m以上あるツーバイフォー材を運ぶのに手間もお金もすごくかかりました。

しかも引っ越し先の天井高が違えば、ツーバイフォー材を新しいものにする必要もあります。

2回引っ越ししましたが、さすがにめんどくさくなってこの方法はやめてしまいました。

ちなみにこのツーバイフォー材は捨てるのもめちゃくちゃ手間です。

スポンサーリンク

壁美人

私がぜひオススメしたいのが「壁美人です。

壁美人は、石膏ボードにホッチキスだけで取り付けることができる便利収納アイテムです。

壁への固定はホッチキスのため、取り外したも目立たず現状復帰が必須の賃貸でも問題なく使えます。

TVの壁掛け金具やウォールシェルフなど多くのシリーズが出ていますが、なんとその中にギターハンガーもあるのです!

金具本体と交換用フィルム 新規購入の場合はフィルムは同梱してます

取り付け方

壁美人の取り付け方はすごくシンプルで、付属のフィルムにホッチキスで壁に打ち付けていくだけです。

取り付け後に斜めになっていたということがないよう、事前にマスキングテープなどで取り付け位置をマークしてから取り付けます。

位置出しは最重要です

金具の一つの穴に上下で2本ホッチキスを打ちます。

この時のコツは、打つ時にホッチキス本体の向きを変えて1本ずつ互い違いの形になるようにすることです。

またホッチキス本体を金具に押し付けることで、安定して針を打つことができます。

やってみればわかるのですが、分かりにくい方は図にしてみたので参考にしてください。

針は合計2本×4穴×4列で32本打つことになります。

結構な数ですが、やり始めると5分もかからずに終わります。

ギターハンガーに楽器を掛けるとホッチキスの姿も見えず、スマートです。

正面からホッチキスは見え無くなります

レスポールや7弦など比較的重いタイプのギターを掛けていますが、強度も全く問題ありません。

ホッチキスですが、開くタイプのホッチキスであれば特に指定はありませんが、メーカー推奨品を強くオススメします。

メーカー推奨品だとホッチキス本体の幅が金具の穴の幅とピッタリなので、取り付けが簡単になります。

家にあった他のホッチキスでもやってみたのですが、針が入ったり入らなかったりしました。

そんなに高いものではないので、金具を買う際に一緒に購入しましょう。

外した後も綺麗

今回、元々あったものを部屋の模様替えで位置をずらしたかったのでギターハンガーを壁から取り外して見ました。

こちらが実際壁美人を取り外した後の壁の写真です。

近くで凝視してやっとわかるレベルです

どうですか?よっぽど近づいて見ないと針の後はほとんど分かりません。

これであれば引っ越しの時に壁紙代を請求されることもなさそうです。

取り外しも針を抜くだけなので、5分ほどですぐに終わりました。

壁美人のデメリット

壁美人のデメリットもいくつか紹介します。

  • 石膏ボードの壁にしか取り付けができない。

我が家の壁は石膏ボードがほとんどですが、角部屋ということもあり一部の壁はコンクリートでした。

家のどこでも取り付けできるものではないので、事前に取り付け位置を検討する必要があります。

  • 少し値段が高い

普通の壁掛けギター金具に比べると、壁美人は少々高額なものになります。

しかし、手軽さと賃貸でも使えることを考えると高すぎる買い物ではないかなと思います!

スポンサーリンク

まとめ

賃貸でできるギター壁掛け方法について紹介しました。

私の圧倒的おすすめは壁美人のギターハンガーです。

何本おギターをお持ちの皆さん、壁掛けで部屋をすっきりさせませんか?

この記事が誰かの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました